草刈りが苦手な女性へ~業者への依頼を検討しよう~

草刈りをしなければいけないと分かっていても女性の場合、ネイルが汚れてしまいますし体力的にもきついですよね。そう感じている女性は結構いるようです。

草刈りが苦手な女性の悲痛な叫び

草刈りのあと爪に土が入ってせっかくのネイルが……(25歳/女性/アパレル勤務)

手袋をしていたのに爪に土が入ってしまいました。草刈りが終わってから手を洗ったけど、これが全然取れないんです!職業柄ネイルをしているのですが、土のせいで汚く見えてしまいこれだと仕事に差し支えるし最悪です。

思った以上に疲れが・・・(22歳/女性/学生)

夏場に1時間半~2時間くらい草刈りをしたのですが、めっちゃきつかったです!喉も渇いて水を大量に飲みました。これを繰り返しながら作業して、草刈りが終わった頃にはヘトヘト。体力がない人には重労働ですね・・・

苦手な草刈りをしてくれるのが「草刈り業者」

草刈り

無理に自分で草刈りをしなくても、草刈り業者に依頼すればあっという間に終わらせてくれますよ。体力がない人でも安心ですし、広範囲の草刈りもスムーズに作業してくれます。特に女性の場合はネイルが汚れることもありません。炎天下の草刈りで日焼けしてシミになってしまうのが嫌だという人も、業者に頼むことで日焼けする心配がありません。業者によっては立ち合いが不要な場合もあるので、作業が終わるまでの間買い物に行くなどして時間を有効活用することもできます。

作業スピードが早く道具も揃っている

芝生

草刈りを行なう時期は、雑草が伸び始める夏場です。暑い中作業をしていると熱中症になってしまうことがありますが、業者に草刈りを任せれば熱中症のリスクを回避できます。また、業者は道具を持参してくれるのでこちらで用意する必要もありません。そして、作業のスピードも素人とは比べ物になりません。草刈りの経験が豊富なスタッフが作業を行なうことで、速やかに終わらせることができるのです。後片付けまでしっかり行なってくれるので、こちらがすることはほぼないと言えるでしょう。

女性の大敵は日焼け・シミ

草刈り前に日焼け止めをしても汗で流れてしまうと日焼けしてしまいます。その影響でシミができることもあるのです。

草刈り中の日焼けに要注意~シミができる要因~

シミの原因はメラニン色素
皮膚が紫外線を浴びると、防御反応によりメラニン色素が発生します。このメラニン色素こそがシミの原因です。発生したメラニン色素は通常であれば角質となって排出されるのですが、紫外線を浴びすぎるとメラニン色素が大量に発生してしまい、排出が間に合わなくなってしまうのです。そうして皮膚内に残ったメラニン色素がシミとなって肌に現れてしまうのです。
シミができる仕組み
肌にシミができる仕組みを簡単に説明すると、太陽の光を浴びて紫外線が体内に入る→肌細胞を守るためメラニン色素が作られる→紫外線を吸収したメラニン色素が排出される→排出しきれなかったメラニン色素が皮膚に沈着する→肌がターンオーバーを繰り返してシミになる、です。草刈りをする際はくれぐれも紫外線対策を忘れないようにしてください。
TOPボタン