草刈り中の日焼け対策は万全に!

草刈りでどうしても日焼けしたくないという人は、日焼け対策を万全にしてから草刈りを行なうようにしましょう。

服装のポイント~これで日焼けをしなくて済む~


草刈りをする時の日焼けが気になります。対策方法を教えてください!
まずは肌を露出させないようにすることが大切です。草刈りは夏に行なうことが多いでしょう。夏と言えば日焼けが気になる時期でもあります。絶対に日に焼けたくないという女性は多いでしょう。それなら、草刈りをする前に日焼け対策を万全にしておくと良いでしょう。長袖・長ズボン・帽子・手袋を装着し肌の露出を最小限にするのがポイントです。それでも不安なら日焼け止めクリームを念のため塗っておきましょう。こうした服装は日焼け対策になるだけでなく、虫刺されや怪我から体を守るためにも重要なのです。
日中に草刈り作業をする際には帽子をかぶったほうがいいと聞きました。帽子選びのポイントがあれば教えてほしいです。
帽子の色は薄い色を選ぶといいでしょう。草刈りに限らず屋外で作業をする場合は、必ず帽子をかぶるようにしましょう。キャップタイプの帽子であれば、紫外線を約60%カットすることができます。帽子のつばが7cm以上であれば、より効果的です。また、帽子の色も重要です。紫外線を防ぐには白か薄い色が最適です。裏地が色付きであれば顔への反射を防ぐことができるので尚良いです。専用の帽子も販売されており、カラーバリエーションも豊富です。しかもつばの長さは12.5cmもあり、デザインもおしゃれなものが多いです。

「農業女子」に注目!

女性でも使いやすい商品が女性の手によって開発されてきています。これなら草刈りが苦手な女性でも自ら率先して草刈りができるようになるでしょう。

女性のための商品が開発されている

農業は男性が多いイメージですが、近年では“農業女子”という言葉があるほど、農業に携わる女性も増えているのです。それに伴い、女性でも使いやすい草刈り機の開発が進んでいます。機能面もさることながら、見た目のデザインも女性向けで多くの農業女子から注目を集めています。こういった女性のための商品がどんどん発売されれば、より簡単に草刈りができるようになるかもしれませんね。

TOPボタン